フォーエスでは、ヒトを中心としてモノづくりを考えております。
優秀な人材を育成する事がお客様の満足につながると信じ、以下の取り組みを行っております。

プロフェッショナルとしての価値観を伝承する

プロフェッショナルの集団であるという事を意識し、社員に対し以下の事柄について
価値観を伝承して会社の文化を作り、同様の視点で社内評価を行っております。
誠実である事を重視する
 ・自分で自分を律することができる人を評価し、正直者がバカを見ないようにする。
 ・後ろめたい事をすると、結果として損をする事を伝える。

自己訓練の継続を評価する
 ・変化が速い業界においての専門家でありつづけるため、継続的なスキルアップが必要な事を伝える。
 ・個々人にチャレンジングな目標を設定し、達成する事を評価の対象とする。
 ・技術者に市場価値を意識させ、会社に依存せずにプロフェッショナルとして自立するように促す。

仕事の範囲を決めない
 ・業務上の立場や役割にとらわれず、お客様と同じ方向を見て動く事をミッションとする。
 ・言いだしっぺになる事を恐れず、より良いと信じる事に率先して動く事の楽しさを伝える。
 ・責任を自ら広げ、決して放棄しない事の大切さを伝える。

社内教育の実施

フォーエスでは人材育成の一環として、まだ業務では利用されていない新しい技術や、
立場上経験する事が困難な業務ノウハウを中心に、講習会を開催しております。
技術講習
 リッチクライアント技術や、Androidを始めとするスマートフォン関連技術の講習に加え、
 マルチプラットフォーム対応技術など、研究開発成果の社内展開を逐次行っております。

マネージメント講習
 プロジェクトの開始から終了までに、マネージャーとしての基礎的な知識の講習から、
 リーダー論まで、様々なケーススタディを交えて講義を行っております。

企画・競争
 小規模なチームを複数編成して、企画から生産までを行い、最終的な優劣を決める大会を催すなどして、
 個々人の当事者意識を高めるとともに、精神・技術研鑽の場としております。
このページのトップへ